So-net無料ブログ作成
検索選択

チョコレートの効果・効用。データはあるの? [世の中の興味]

小さい頃からチョコが大好きで、

今でも毎日食べてます。(^^)

特にお気に入りなのがシンプルに

「ガーナ」
sdim1195.jpg


70円とか80円で売っていたけど、
カカオ不足なのか、最近見ないなあ・・・


食べすぎで、口内炎が出来るときも
あります(^^;

そんな私の好物でもあるチョコレートなんですが、
こんなに毎日食べていても大丈夫なんだろうか?






チョコを食べるニキビが出来るとか
太るとか、昔はあまりこれを食べすぎると
よくないと言われていましたよね。

あっ、あと鼻血がでるとか・・・(笑)


でも、最近はチョコに含まれる成分で
体にいいものが注目されています。

チョコの原料のカカオ。
カカオにはポリフェノールが豊富に含まれていて
優れた抗酸化作用が期待できるそうです。

具体的にはコレステロール値を下げるとか、
ガンの発生を抑制するとか、
動脈硬化を予防する・・・など。


チョコレートとガンについてはデータが
あって、日本の6倍のチョコレート消費国である
スイスは、胃がんによる死亡者の数は
約4分の1だそうです。

また、ミネラルや食物繊維が豊富で、
カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などが
とてもバランスよく含まれているようです。

私の場合チョコレートを食べすぎると、
トイレが多くなるのですが、なるほど
食物繊維が多く入っているんですね。
これは意外でした。


ちなみに、一日にどのくらい食べるのが
よいのかと言うと、5~10g程度の
ビターチョコレート(1~2かけら程度)を
毎日続けるのがいいそうです。

mainimg.jpg

チョコレートに関しての実証実験も
よく行われているそうですよ。

例えば、約350人(45~69歳)にチョコレートを
4週間毎日25g(板チョコの半分ほど)
食べてもらって、変化を調べると・・・


チョコレートを食べることで、血圧が下がったそうです。
なんか、逆に血圧が上がってしまいそうなイメージ
だったんですが、血圧が高い人ほど、効果が
あったようで、最高血圧が平均145.6のグループでは
約6ポイント低下したそうです。

カカオポリフェノールには、血管を広げる
効果があるらしいです。なので、血圧降下が
見られると。


また、チョコを食べることで明らかに
善玉コレステロールの値が上昇したそうです。

HDL(善玉)コレステロールは、血管内壁に
へばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを
引き抜いて、肝臓まで運ぶ働きをしています。
そのことで、動脈硬化を防ぐのですね。

このことから「善玉コレステロール」なんて、
呼ばれているのですが、チョコレートは
この善玉コレステロールを増やすということ
のようです。


毎日少しずつ摂取するのは、体にも
いいようですね。

ですが、あまりたくさんの砂糖分が
入っているものは、よくないので、
まぁ、食べ過ぎとカロリーに気をつけながら
ということで。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。