So-net無料ブログ作成

久米島沖に海底鉱物資源? [トレンド]

沖縄の久米島沖で最大規模の海底鉱床が
発見されたそうですね。

なんで、これに反応してしまったかと言うと
春から大学生になる息子が、海洋系の学部に
行くんです。彼はこういうことに異常に興味が
あるようです。

なので、親の私も興味を持ってしまうんですね(笑)







久米島の西側30キロの海底に銅を多く含む
鉱物資源が発見されたそうです。

おもしろいのが、海底熱水鉱床とか呼ばれるもので、
海底から噴き出す熱水に含まれる金属成分が
、丘のような盛り上がりや柱状になって沈殿したものらしい・・・

金や銀、それにレアメタルも含まれているということで。
でも、銅の含有率が高いのが特徴らしく13%もある
ということです。

しかし、この鉱床、深さ1400メートルに位置し、
南北1500メートル、東西300メートルもあって
めちゃくちゃデカイですねぇー。表面積では国内最大規模という・・・

東大の教授も「このような鉱石が見つかったのは
驚嘆だ」と言ってます。

息子も海洋系の勉強するなら、こういう発見に
携わって欲しいなぁ・・・・無理か(笑)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。